エギング、根ギング、メバリングを主にします。サビキやチョイ投げ釣りなどのエサもたまにしますが、釣りはなんでもおもしろいですね。

↓よかったら、こちらもどうぞ↓

アウトドア&フィッシング ナチュラムアウトドア&フィッシング ナチュラム

エギング特集ロックフィッシュ特集

主に参加しているブログランキングです。興味のある方はどうぞ。

↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

バナーを作ってみましたV

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 9月1日 天気:くもり  釣行時間:12時~6時


今日も娘と休みが合ってしまいました。雨が降らなかったら、釣りに連れて行く約束をしていたため、曇りと微妙な空だったが、娘の顔を見ていると、連れて行かないわけにはいかず・・・・・・・、


今日も恐怖のサビキing  Lesson2!!399


買い物をして、最初、この前行った漁港に行ったんだけど、北風強く、風裏を探すことに。風裏になる、某漁港ですることになったんだけど、周りはエギンガーがほとんど。


自分もエギンガーの1人ですので、非常に辛いです。406エサのアミエビも買ったし、ここは、我慢して、娘にサビキ釣りを叩き込みます。嫁は今日は来ていなく、娘と2人きりですが、反って教えやすいかもです。


教えているうちに、娘も1人でほぼ、できるようになっており、釣るわ釣るわで、クーラーボックスを見ると、ゾゾ~404


いっぱい、オッパイになってきたぞ!これは、まずい、これはまた、家に帰ると大変だと思い、エサ、3分の2ぐらい、使ったところで、近くにいた人が、なにやら話をしています。


Aさん:「あんちゃん、イカ全然あかんじゃろ、今年は成長遅れとるんじゃわ。」


エギンガーBさん:「そうなんですよ、それに、付いてくるのに、乗らないんです。おかしいなあ。」


Aさん:「小さいうちから、エギで鍛えるじゃろ、もう、見切ってもてるんやろなあ。」


確かに、年々、厳しくなりつつある、エギング。これは、エギのメーカーさんが、2号サイズのエギ製造にストップをかけないと、止まるところはないでしょう。


どおりで、ここに、これだけのエギンガーがいて、自分は釣れたのを見ていません。見てないだけかもしれませんが。


237ここで、娘に耳打ちです。


自分:「なあ、もう、サビキ止めて、イカ釣らんか?今日、周りの人、イカ釣ったの見てないやろ?ここで、パパが釣ったら、ヒーローやぞ。パパなら、釣れるよ。」


娘:「え~、ホントかなあ?じゃあ、釣ってよ。」


しめしめ、まんまと乗りよった。397


サビキ道具の後始末をして、エギングタックルに変えて、1投目!!


(今回、携帯の故障で、カメラはありません)


ズシーっとした、イカにもイカらしいアタリが、そして、上がって来たのは、この時期にしては良型?胴長12センチ程度のアオリイカです。結構曳きました。


娘も大喜びです。そして、「パパ、もっと釣って。イカの刺身食べたい」というので、胴長は、8~10センチサイズのアオリを5杯、計6ッパイ釣って、帰りました。


  TS360047.jpg


半分ぐらいは、娘食べました。すごい、喜んでいました。アオリの画像、家で撮ろうかと思っていたのですが、車の掃除をしている間に、捌かれてしまいました。すみません。


  TS360048.jpg


小鯵の方は、63尾です。三桁行かなくてよかったです。それでも、処理をするのには、苦労しました。娘が一人前になってくれるのなら、苦でもないです。406


でも、早く、サビキを卒業してほしいです。ほぼ、自分でできるようになったといっても、釣り鬼教官の自分は、まだ、サビキの卒業証書は出せません。

スポンサーサイト

 8月24日 晴れ。


今日は、娘とファミリーフィッシングに出かけました。目的は、娘に釣りを教えることです。月に最低1回は、娘と釣りに行くことにしました。


いつもなら、お砂遊びの道具を持っていくんですが、これからは、禁止です。いつも、自分がちゃんと、釣りを教えないから、すぐに飽きてしまって、そっちの方にいってしまうのかなあ?とか、思うからです。


嫁曰くは、「子供だから、(釣りしようが、砂遊びしようが)どっちでもいいでしょうが」


自分:「俺はちゃんと、釣り教えてやりたいんだよ~、いちいち、イチャモン付けんなあ359359


嫁は自分の一言で何も言いませんでしたが、娘は少しでも持って行きたいみたいで、少しだけ、砂遊びの道具を持っていくことに390


サビキの仕掛けと、エサ(アミエビ)を買って、T港に到着。


この、アマちゃん先生は、手取り足取り、サビキ釣りを教えます。


    TS360041.jpg


娘は、ホント、うれしそうに、やっています。


この後、釣るわ釣るわで、小鯵もかなり溜まってきました。面白くなってきたのか、お砂遊びをするのをすっかり忘れて、夢中になっています。


中には、こんなものまで・・・・・


    TS360042.jpg


シーバスの子です。バス持ちです。ハハハ(汗)・・・・・・・


20センチ以上のグレの子も釣れました。


  TS360043.jpg


グレの曳きも、なかなかのもんですねえ。


そんなこんなで、いっぱい釣れまして、小鯵と娘の希望でシーバスの子を2つだけキープです。


漁港の人と話をしたのですが、今年は、数が少ないそうです。いつもなら、もっと、今の時期に鯵が釣れてもいいそうです。ただ、小鯵の型は、毎年より大きいそうです。


たしかに、小鯵とは思えないぐらいの、14~15センチ前後の鯵も多かったです。このサイズになると、結構、竿をもっていきますね。


ちゃんと、掃除をして、ゴミをしないようにして、終了です。


家に帰ると嫁と子供はグッタリで、魚の処理を全部自分でしました。


     TS360044.jpg


娘は、竿や、水汲みバケツ、クーラーボックスなどの洗浄を、自ら好んで一緒にやってくれました。


   14~15センチの小鯵  27尾・・・・・一夜干し


   その他の小鯵       44尾・・・・・から揚げ


   シーバスの子       2尾・・・・・一夜干し


これだけのお魚を処理するのに、夜中の2時半まで掛かりました。でも、娘のことを思うと、親はがんばれるもんなんですね。


また、これだけ、楽しんでもらえると、また、絶対連れて行きたいし、ちゃんと、釣りを教えてあげたいです。今まで、一緒に行っても本気で教えようとしなかった?教えられなかった?自分とは、もう、オサラバです。


自分がちゃんと、教えてあげれば、すぐに飽きてしまうことも無いんだなあって、思いました。


とりあえずは、サビキを1人でできるようになるまで、サビキ釣りをするつもりです。できるようになったら、投げる釣りも教えて、どんどん、自分で釣りができるようにさせるつもりです。


仕事の都合で、休みとかが合わないことも多いと思うけど、月に1回は娘と釣りにいくつもりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。